ecbo cloak 用戶使用規章

本ecbo cloak用戶使用規章(以下稱為「本規章」。)是在使用ecbo股份有限公司(以下稱為「敝司」。)提供的「ecbo cloak」(以下稱為「本服務」,無論任何理由更改服務的名稱或內容時,包含該更改後的服務。)時,需要通過本服務申請SPACE(在第1條第1項中定義。)的諸位用戶(以下稱為「用戶」。)遵守的事項以及敝司與用戶間的權利義務關係。請在使用本服務前、同意本規章前,務必閱讀本規章全文。
第1條(關於本服務)
  1. 本服務是為了將放置用戶貨物(以下稱為「貨物」。)的店鋪或事務所的空間(space)(以下稱為「space」。)出租給用戶的企業(以下稱為「space提供人」。)相關資訊,在敝司網站或軟體上(以下稱為「網站等」。)向用戶提供服務。但並非敝司或space提供人受委託保管用戶的貨物。
  2. 敝司只會在本服務中提供space等空缺資訊。
  3. 用戶和space提供人獨自簽訂租賃合同,敝司與其合同無關聯。用戶和space提供人間的合同(包含但不限於租賃合同。)最優先適用本使用規章,不論是否與第1項有關,用戶和space提供人可以代替租賃合同簽訂委託保管契約。
  4. 關於本服務的使用費等及使用方法以提供本服務網站上刊登的內容為准,用戶需理解該內容後申請使用本服務。
  5. 關於使用費會根據時期以及運作狀況發生變動。
  6. 每個space的使用費用等,在和該space相關的space提供人的個別網站中有記載,關於超過使用期的超額費用及取消費也相同。
  7. 用戶通過本服務同意使用該space時,該理解關於使用費、取消費及超額費用的內容。
  8. 用戶在使用本服務時,需登記敝司認可的信用卡,使用該信用卡,在該信用卡所定的支付時期,對space提供人支付使用費,取消費及其它網站等及該space的個別網站上刊登的費用。但是,未能使用信用卡支付的情況下,用戶需以敝司所規定的方法支付。
  9. 敝司有權代替space提供人領受在前項規定的用戶對space提供人的償還,用戶需同意代替space提供人領受該償還事宜。用戶對space提供人的債務,在敝司領受償還時便失效。
  10. 用戶需遵守本服務的隱私策略,向敝司提供個人資訊。敝司需遵守隱私策略,向space提供人提供該個人資訊,用戶視為在使用本服務時同意提供個人資訊。
  11. 本服務或網站上刊登的關於使用本服務的規則及幫助等,也當做構成本規章的一部分。
  12. 在使用本服務時space提供人有可能會確認用戶的貨物內容。若用戶拒絕了此確認舉動,space提供人可能也會拒絕用戶使用本服務。此時,敝司一概不負責。
  13. 用戶在space放置的貨物乃自己的私人物品,用戶該向space提供人表明及保證自己的處理權。
  14. 用戶不能超過與space提供人之間訂下的space使用期限,在space中放置的貨物需在使用期間內撤出。用戶在超出使用期繼續使用space,則需要支付超額費用的同時,視為事先同意基於第11條的進行移動貨物等事項。
  15. 用戶和space提供人的租賃合同是在本服務中用戶申請使用space時,遵守申請內容及本規章而成立。
  16. 用戶在使用本服務,與space提供人之間定下的使用space期間內發生的關於汚損、破損等偶然性事故而產生的貨物損害,會以用戶為被保險人作出損害保險補償範圍內的損失償還。與敝司簽約的用戶需做為被保險人,同意領取損害保險的保險金權利歸敝司所有。
第2條(關於用戶)
  1. 同意本規章
    1. 在加入本服務前,需確認本規章,同意其中內容後才可成為用戶。
    2. 本規章適用與所有用戶,所有用戶需嚴格遵守其中內容。
    3. 若不能同意本規章的情況下則不能使用本服務。
  2. 用戶登記
    預計會使用本服務的用戶需要同意本規章後,向敝司申請用戶登記,敝司接受申請後才可以正式成為用戶。但是,符合下列某一項條件者,則不可以登記為用戶。此外,在用戶登記後,確認用戶符合下列某一項條件時,敝司可取消其登記,用戶不可對此有任何異議或法律主張。
    1. 被斷定為暴力團體等反社會勢力人員。
    2. 被斷定為有可能會違反本規章或公共秩序及道德的人員。
    3. 符合未成年、成年被撫養人、被保佐人又或是被補助人的其中一項,未得到法定代理人、撫養人、保佐人又或是補助人的同意等時
    4. 其他敝司斷定為不適和人員。
第3條(用戶登記)
  1. 用戶登記只限本人親自執行。不認可本人以外的人士進行用戶登記。
  2. 不可登記虛偽的用戶資訊及其它需輸入的資訊(以下稱為「用戶資訊等」。)
  3. 用戶有義務負責登記、更改、管理用戶資訊。
  4. 前項內容中登記的用戶資訊發生變化時請立即更新登記資訊。
  5. 因疏忽更改或管理用戶資訊而造成的一切損失,不論直接又或間接,敝司一概不負責。
  6. 進行管理或更改登記的用戶資訊後,從敝司認同更新後即時開始適用最新資訊,不產生追溯效果。
  7. 敝司對於用戶登記產生的一切損失一概不負責。
  8. 關於取消用戶登記。
    1. 用戶符合或敝司斷定符合下列狀況時,敝司可不進行事先通知就對該用戶取消登記以及停止使用本服務並同時拒絕其使用本服務。
      1. 斷定違反法律(法律・命令之外包含條例・規則等)或本規章時
      2. 斷定有不正當行為時
      3. 斷定用戶登記的乃虛偽資訊時
      4. 不論是善意·惡意、過失·無過失的對敝司·其他用戶·第三方起糾紛時
      5. 停止支付或不可支付又或是開始破產手續、民事再生手續、企業重建手續、特別清算或是類似上述手續的開始申請時,租稅公共費受到拖欠處分時,扣押、臨時凍結、仮處分、強制執行又或是有拍賣申請時又或是登記的信用卡不可使用時
      6. 死亡或受到撫養、保佐或輔助開始的判決時
      7. 12個月以上未曾使用本服務,也未回應敝司的聯絡時
      8. 敝司判斷符合取消用戶登記條件時
    2. 基於前項取消用戶登記時,會刪除與用戶相關的全部或一部分資訊內容,此後每次或將來性的都有可能會拒絕其使用本服務。但此時敝司無責任進行事前通知及向用戶說明的義務。
    3. 用戶若符合a各號中一個理由時,關於用戶對敝司及space提供人擔負的一切債務當然性的失去時效利益,該立即對敝司支付擔負的全部債務。敝司可抵消對該用戶擁有的損失賠償請求權。
    4. 敝司在取消用戶登記等時引起用戶的一切損失等,不論直接或間接,一概不負責。
  9. 用戶應在10個工作日前為止以敝司所規定的方法通知敝司,取消用戶的登記。但不限於用戶對敝司或space提供人有未支付債務時。
第4條(用戶ID和密碼)
  1. 為使用本服務時的郵箱地址(以下稱為「用戶ID」。)和密碼管理
    1. 用戶有責任管理及使用用戶ID和密碼。
    2. 用戶無論任何理由也不得將用戶ID及密碼讓第三方人士使用。
    3. 用戶不可轉讓使用本服務的權利。
    4. 用戶不能讓第三方人士使用、轉讓・買賣、抵押、出借、出租或以其他任何形態處理用戶ID或密碼。
    5. 本服務中的用戶ID 或密碼被第三方使用時,該行為均視為該用戶的自身決定。因此產生的一切損失,該由用戶承擔,敝司無論是善意・惡意、過失・無過失都一概不負責。
  2. 洩漏用戶ID和密碼
    1. 若向第三方洩漏用戶ID 及密碼時,請儘快聯繫敝司。敝司會採取停止或刪除該用戶ID及密碼等措施。
    2. 因資訊洩露產生的一切損失,由該用戶負責,原則上敝司一概不負責。但不限於因敝司存心或重大過失導致洩漏用戶ID 及密碼時。
第5條(禁止行為)
  1. 敝司禁止使用本服務的用戶有以下符合禁止事項的行為。
    1. 違反本規章的行為
    2. 用戶在從space提供人處租借的space中放置他人物品、危險物品、生物、散發怪味的貨物、腐敗、變質或是易造成損傷的貨物、未完全捆包好的貨物、違反法令或公共秩序及道德的貨物、放置貨物時需要額外負擔的貨物、不符合space尺寸的貨物、又或是不適宜放在其他space貨物的行為。
    3. 使用space,給敝司、space提供人及第三方造成困擾的行為、同時違反敝司以及space提供人指示使用space的行為
    4. 超過和space提供人之間訂下的使用期限的行為
    5. 違反法令(法律·命令之外也包含條例·規則)規定的行為,助長違反法令的行為又或是有這可能性的行為
    6. 違反公共秩序及道德、常識的行為或助長其行為又或是有這可能性的行為
    7. 侵害敝司、其他用戶或第三方的財產、隱私、肖像權或是廣告宣傳權的行為又或是有這可能性的行為
    8. 公開屬於敝司、其他用戶或第三方秘密的資訊或要求公開的行為
    9. 篡改、消除敝司、其他用戶或第三方資訊的行為
    10. 誘導敝司、其他用戶或第三方去其他網站的行為
    11. 向敝司、其他用戶或第三方發送不正當程式或嘗試向其他電腦・系統或網路進行不正當存取數據的行為
    12. 妨礙和本服務相關的網路・系統的行為
    13. 無敝司許可公佈、公開本服務中得到的資訊的行為
    14. 發送及刊登、聯動和猥褻、兒童虐待相關圖片、檔等行為、以及刊登一些其他會給一般人帶來不快感覺的圖偏、言語、其他表現
    15. 違反選舉運動或類似的行為、違反公務員選舉的行為
    16. 在複數使用人可以看到的地方記載金融機關的帳號
    17. 冒充其他使用人使用本服務的行為
    18. 給伺服器帶來負擔的行為及妨礙其他用戶的檢索及操作的行為
    19. 給本服務的運用或使用帶來妨礙的行為
    20. 未經敝司許可使用・轉用・轉賣・複製・送信・翻譯・改編本服務的一部分及全部,多次使用或複製的行為
    21. 使用本服務的一部份或全部作為商業目的的行為、傳銷及多層次直銷或類似的行為又或是有這可能性的行為
    22. 其他敝司判斷為不適當的行為
  2. 敝司判断用户有符合前项行为时,敝司可无事先通知就对该用户采取以下措施。
    1. 删除该用户布告的信息
    2. 全部或一部分停止该用户使用本服务
    3. 删除用户
    4. 要求敝司支付赔偿金等
    5. 其它敝司判断有必要的措施
  3. 采取前项措施时该用户发生的损失等,无论直接或間接性,敝司一概不负责。
  4. 敝司在以下各項刊登的關於貨物事宜,可以由敝司的判斷終止提供space,用戶需同意不能對該判斷提出異議。
    1. 斷定貨物為危險品、変質或是易損傷貨物、或未完全捆包好的貨物、其他認定不適宜放在space時。
    2. 判斷為不適宜放在space的貨物時。
    3. 放在space的貨物需要額外負擔時。
    4. 放在space的貨物違反法令或公共秩序或風俗時。
    5. 有其他不得已理由時。
  5. 以用戶符合第2條第2項各號、第3第8項各號或第5條第1項中的其中一項為理由,space提供人可解除與用戶間的租賃合同,被解除租賃合同時,用戶需無異議的同意並立即撤除放在space的貨物,將該space交還給space提供人。因解除造成的用戶損失,敝司及space提供人無論直接或間接性,一概不負責。
第6條(刪除內容)
  1. 敝司在判斷內容不適合本服務時,可不用事先通知就能任意更改・刪除等。
  2. 敝司基於前項內容,用戶在本服務提供的網站上刊登的任何內容也可不用事先通知任意刪除等。
第7條(敝司的知識產權)
  1. 關於本服務的著作權等的知識產權屬於敝司或第三方,被日本國內外的著作權及著者權・和其毗連的權利諸條約以及其他關於知識產權的法令(以下稱為「相關法令」。)所保護。並非允許本服務的閱覽人或本服務的使用人使用或轉移本服務的著作權及其它知識產權。
  2. 本服務的內容,其他相關資料等著作權及其它知識產權屬於敝司或第三方,這些相關資料受到相關法令的保護。
  3. 服務的閱覽人或本服務的使用人有義務遵守本服務內容及其它相關資料等適用的相關法令。
第8條(中斷·更改·結束本服務內容)
  1. 因本服務的障礙、狀態不佳、維護、其他問題可能導致不能繼續使用本服務。 此外,敝司在判斷為必要的情況下無論任何時候都可以任意的理由中斷本服務。
  2. 敝司不需事先通知就可對用戶及第三方停止、更改(設計、系統等)或中止又或是結束使用。
  3. 敝司對不能閱覽本服務及不能使用本服務所造成的損失,無論直接或間接性,一概不負責。
第9條(免除責任事項)
  1. 敝司不能保證和本服務相關的內容中不包含有害物質。 此外,在發生問題時,不能保證可以進行修復、除去病毒及其它有害要素。 敝司在包含有害物質時,修復或因病毒及其它有害要素造成的直接或間接性損失,一概不負責。
  2. 用戶將任意機器及通信服務以自費・自身責任來準備・購買・轉讓・契約等之後,再進行閱覽本服務及使用本服務。 敝司不會對用戶的使用環境做出一切干預,因使用環境等理由產生的一切損失,除去因敝司存心或有重大過失以外,無論直接或間接性,一概不負責。
  3. 本服務中的服務是否有適當的正確性、合格性、安全性或信用度等由用戶自己判斷。 敝司不能保證本服務的資訊・服務的真實性、正確性、信賴性、目的符合性或使用產生的結果。 敝司對本服務的閱覽及使用本服務產生的無論直接或間接性的損失,一概不負責。
  4. 本服務在敝司以外第三方網站有聯動,這些聯動只是提供資訊的一個重要環節,連接外部網站中的內容敝司司一概不負責。此外,使用聯動網站時請遵守其使用規則。
  5. 貨物損傷、遺失及被盜及其他使用space提供人提供的space給用戶造成的損失敝司一概不負責。
  6. 本服務或敝司網站等關聯用戶及其它用戶與space提供人及其它第三方之間產生的交易、聯絡、糾紛等則由用戶負責處理及解決,與敝司有關的事項無論直接或間接性,一概不負責。
  7. 敝司做出的任何建議,也不能保證聽從建議後造成的結果。
第10條(賠償損失)
  1. 閱覽本服務及使用本服務的用戶在違反本規章時,該用戶需對敝司賠償損失。
  2. 因適用消費者契約法及其它理由(包含但不限於基於本規章。)敝司有責任向用戶賠償損失時,在事情發生時算起,追溯過去一個月中實際從用戶處收取的本服務費總額為上限。
第11條(對於如何處理放置的貨物)
  1. 在超過用戶和space提供人之間訂下的租賃合同中space使用期後,用戶若將貨物留置在space,用戶則需對space提供人支付超額費用。
  2. 前項中提到的使用期滿後,若超過5天將貨物留置在space,敝司會回收貨物,在敝司所定倉庫內保管30天。
  3. 發生上記2.的情況時,敝司會向用戶索取該貨物搬運至倉庫的運費、從倉庫出庫時的運費及保管費(本服務網站上記載的space使用費的2倍價格)。
  4. 在敝司所定的倉庫內超過30天的保管期後,視用戶同意敝司自由處置・廢棄該貨物,對放棄貨物的所有權無異議。此外,還視用戶同意敝司不需得到確認就可以將貨物處分・廢棄。
  5. 基於本條敝司回收貨物、保管及處置或關於廢棄廃時,第三方對敝司有某種控訴、異議、請求等,使敝司不得不作出處理的請求時,用戶該負責與負擔費用,賠償和敝司有關的控訴、異議、請求等產生的一切損失(包含律師費)。
第12條(取消策略)
  1. 用戶因自身的理由,在space使用當天解約租賃合同時,用戶有義務向space提供人支付一筆相當於使用費作為取消費。
  2. 用戶在使用日的前一天為止因自身原因解約租賃合同,則不需要支付取消費。
第13條(禁止轉讓等)
  1. 用戶在事先未有書面的承諾下,本規章上的地位或基於本規章的權利或義務,不能向第三方進行轉讓、轉移、擔保及其它處置。此外,用戶在事先未有書面的承諾下,放置在space裏貨物的所有權,在放置或敝司保管期間,不可向第三方轉移。
  2. 敝司對於將和本服務相關的事業向第三方轉讓(企業轉讓、公司分割及其它無論論任何形態。)時,隨著該轉讓在本規章上的地位、基於本規章的權利及義務以及用戶的登記資訊及其它顧客資訊轉讓給該受讓人,視用戶預先同意本項中關於轉讓的事項。
第14條(有效期)
  1. 基於本規章與用戶間的契約在用戶登記結束時即刻發生時效,在用戶取消登記或結束提供本服務日期中首先達到的一天為止,有效地繼續存在。
第15條(准據法·審理管轄)
  1. 本規章的准據法為日本法律。關於本規章的說明或本服務,客戶與敝司間發生疑義及糾紛時,首先誠意的進行協議,若未能解決則以「東京地方裁判所」行使一審專屬管轄權。
第16條(更改·追加·刪除本規章)
  1. 敝司可以在未事先通知用戶的情況下,任意更改・追加・刪除本規章及本規章附帶的全部或一部分內容。此外,根據需要可以追究新規章,用戶也有義務遵守新規章。
  2. 敝司在更改・追加・刪除本規章時,用揭示本服務或其他敝司判斷為妥當的方法對用戶進行通知,在通知改更改內容後用戶若繼續使用本服務或在敝司訂下的期限內不辦理取消登記,則視為用戶同意更改本規章。
  3. 敝司若因更改・追加本規章使使用人蒙受損失,除去敝司存心或重大過失以外,不論直接或間接,一概不負責。
  4. 敝司對於未收到敝司的通知・連絡及發生延遲時產生的損失,一概不負責。

スペース提供者(以下「甲」という。)は、ecbo株式会社(以下「乙」という。)に対して、乙が提供するサービス「ecbo cloak」(以下「本サービス」といい、理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含む。 )に関し、ecbo cloakスペース提供者利用規約(以下「本規約」という。)の内容に同意した上で、以下の条件に基づき本サービスへの登録を申し込むものとする。

第1条(利用契約の成立)
  1. 「本サービス」とは、甲が運営する店舗等の空きスペース(以下「スペース」という。)に関する情報を、乙が提供するWebサイト又はアプリ(以下「Webサイト等」という。)を通じて一般消費者に公開し、甲とスペースの提供を受ける者(以下「ユーザー」という。)との間で荷物を置くスペースに関する賃貸借契約を締結させるサービスをいう。
  2. 甲は、本規約を確認し、同意の上で本サービスの登録の申し込みを行い、乙が当該申込みを承諾したとき、甲は本サービスに登録され、利用契約の諸規定に従った本サービスの利用にかかる契約(以下「利用契約」といいます。)が甲と乙との間に利用契約成立する。
  3. 甲は、利用契約利用契約成立後直ちに、乙の指定した本サービスの利用に際して必要な情報を、Web又は書面その他乙の指定する方法により乙に通知する。
  4. 前2項の規定にかかわらず、乙は、甲が以下の項目に該当するときは、登録の承諾をしない場合があり、承諾がなされなかった場合、申し込みの効力は失効する。
    1. 過去に登録の取消が行われている場合。
    2. 申し込み内容に虚偽があった場合。
    3. 甲の指定したクレジットカード又は支払口座につき、クレジットカード会社、収納代行会社、又は金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合。
    4. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると乙が判断した場合
    5. その他乙が、甲を本サービスに登録することを不適当と判断する場合。
  5. 甲は、 アカウント情報が盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を乙に通知するとともに、乙からの指示に従うものとします。
  6. 甲とユーザー間の賃貸借契約は、本サービスにてユーザーがスペースの利用を申し込んだときに、当該申込みの内容及び本規約に従って成立するものとする。
第2条(登録内容の変更)
  1. 甲は、乙に対して、登録申し込み時の届出内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更を行うものとする。
  2. 甲は、甲が前項を怠った場合に、乙から甲宛の通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したものとみなされることをあらかじめ異議なく承認する
  3. 乙は、独自の判断により、甲への事前通知なしに会員マイページ等のバージョンアップや変更・追加等をすることができます。
第3条(審査)
  1. 乙は、本サービス上に甲が掲載する空きスペースに関する情報を提供するサイトページ(以下「サイトページ」という)の確認や審査を行うこととし、当該サイトページが、乙の審査基準を満たしていると判断した場合のみ、当該サイトページを本サービス上に掲載することを許可する。なお、甲は、やむを得ない事由がない限り、サイトページにて、ユーザーが、スペースとして賃貸借される場所を画像等で確認できるようにしなければならない。
  2. 甲は、サイトページを任意の時期に変更することができる。また、甲は、サイトページを常に最新の情報に更新するよう努めることとする。
  3. 乙は、甲のサイトページが本サービスにふさわしくないと判断した場合、その内容及び表示を変更するよう求め、又は変更・削除することができ、甲はこれ対し異議を述べないこととする。
  4. 甲から乙に対し、サイトページの掲載停止又は削除が申請された場合、乙は14営業日以内にサイトページの掲載停止又は削除を行うこととする。
  5. 甲は、サイトページ上又はサイトページをもとにユーザーと直接やり取りし、本サービス以外で、スペースの提供その他それに類似する取引をユーザー又は第三者と行ってはならない。
第4条(表明及び保証)
  1. 甲は、利用契約を締結するに際して、本サービスを利用し、第1条第1項に定めるスペース提供を行う権限を有し、民法その他法令及び第三者との契約を遵守していることを表明する。
  2. 甲は、前項の規定に違反したことにより自らに生じた損害については、乙に賠償請求することができない。また、乙は、甲に対して、甲が前項の規定に違反したことにより生じた損害について賠償請求をすることができる。
第5条(利用者の募集)
  1. 本サービスの利用を通じて成立した賃貸借契約の当事者は、甲とユーザーであり、乙は契約当事者とはならないことを甲及び乙はあらかじめ確認する。
  2. ユーザーの募集は、Web又はアプリにて提供される本サービス上のみで行われることとする。
  3. 甲は、本サービスの利用を通じて、ユーザーに対して、第3条第5項に掲げる取引を除き、甲の商品又は役務を提供することを妨げられない。
第6条(手数料・利用報酬額)
  1. 乙は、ユーザーが甲の提供するスペースを利用したことによる利用料(サイトページに記載された金額をいう。)及び消費税相当額の1ヶ月の合計金額(以下「月間利用料」という。)のうち、50%を手数料(消費税含む。)として受領し、当該手数料を控除した50%に相当する金額(以下「利用報酬額」といい、消費税含む。)を甲に対して支払う。
  2. ユーザーが賃貸借契約で定める利用期間を超過して使用した場合、ユーザーが利用期間超過により支払うことになる料金(以下「超過料金」という。)を月間利用料に加算して計算するものとする。なお、甲は、超過料金をサイトページに明記するものとする。
  3. 第1項に定める利用報酬額は、計算対象となる月の末日(以下「締め日」という。)に確定する。
  4. 月間利用料は、サーバ上のデータをもとに、乙が算定する。
  5. 甲は、賃貸借契約に基づきユーザーに対して有する利用料債権(超過料金を含む)及びキャンセル料債権等について、乙に対し、甲を代理してユーザーから支払いを受ける権限(以下「代理受領権」という。)を付与する。
  6. 乙は、締め日の翌月末にあらかじめ指定された甲の銀行口座に第3項に定める利用報酬額を振り込む。なお、振込手数料は乙の負担とする。
  7. 乙は、決済事業者(ストライプジャパン株式会社を指す。以下同じ。)との間で、決済サービス契約を締結することができる。この場合、乙は当該決済事業者に対し第5項の代理受領権を再許諾することがあり、甲はこれを予め承諾する。
  8. 前項に基づき乙が決済事業者に対し代理受領権を再許諾した場合、乙は当該決済事業者から、当該決済サービスの対象となった利用料及びキャンセル料相当額(以下「料金等相当額」という。)から、決済サービスにかかる手数料等を控除した金額を受領する。なお、決済事業者が請求する決済手数料は、乙が負担する。
  9. 乙は、甲が乙から不適切に金員を得ることを目的としてスペースの貸与を行ったと合理的に判断される場合には、本条に定める金員を支払わないことができる。
第7条(キャンセルポリシー)
  1. ユーザーが、スペースの利用日当日に自己都合により予約をキャンセルする場合、ユーザーには、キャンセル料として利用料相当額の支払義務が生じる。
  2. ユーザーが、スペースの利用日の前日までに自己都合により予約をキャンセルする場合、キャンセル料は発生しない。
  3. 乙は、ユーザーから支払われたキャンセル料については、前条第1項の利用料の金額に算入されるものとする。
  4. 甲による予約のキャンセルはユーザーによるスペースの利用日の前日までとする。甲が当該利用日の当日にユーザーの予約をキャンセルをする場合は、乙にその通知を行う。
第8条(登録取り消し)
  1. 甲が以下の項目に該当する場合、乙は、事前に通知することなく、直ちに本サービスの登録を取り消す又は本サービスの利用を停止させることができるものとする。
    1. 登録申し込みにおいて、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
    2. 本契約又は法令に違反した又は違反するおそれがあると乙が判断した場合。
    3. 甲が反社会的勢力等である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると乙が判断した場合
    4. 乙、ユーザーその他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
    5. 手段を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。
    6. 金融機関等により、甲の支払口座等決済手段の利用が停止させられた場合、支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合、差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合、租税公課の滞納処分を受けた場合
    7. 監督官庁から営業停止又は営業免許若しくは営業登録の取消等の処分を受けたとき
    8. 解散したとき(合併による場合を除く。)、清算開始となったとき、又は事業の全部(実質的に全部の場合を含む。)を第三者に譲渡したとき
    9. その他甲の本サービスの利用が不適切と乙が判断した場合。
    10. 甲が12ヵ月間本サービスを利用してユーザーと賃貸借契約を締結していない場合又は甲が登録内容の変更を相当期間怠った場合。
  2. 甲が登録の取消しを希望する場合には、乙に対して1ヵ月前までに通知するものとし、ユーザーとの賃貸借契約が全て終了又は解約された時点で登録が取り消されるものとする。
  3. 甲は、登録取消後のユーザーの個人情報を、乙が適当と判断する相当の期間について保管するものとし、その後、乙の指示に従って当該個人情報を削除するものとする。
第9条(知的財産権)
  1. 本サービスに関する著作権等の知的財産権は、乙又は第三者に帰属しており、日本国内外の著作権法及び著作者の権利・これに隣接する権利に関する諸条約並びにその他知的財産権に関する法令(以下「関連法令」という。)によって保護されており、本サービスの著作権その他知的財産権は、本サービスの利用により甲に移転及び使用許諾されるものではない。
第10条(損害賠償)
  1. 甲は、サービス利用者に損害を与えた場合、ユーザーに対してその損害を賠償するものとする。
  2. 甲は、本規約及び個別契約の遂行上、ユーザーに対して及ぼした損害については、原則として自らの責任と負担でこれを解決するものとする。但し、甲は、乙が損害保険会社との間で締結した損害保険契約及びその約款に基づき損害が填補される場合があり、その場合、乙は、甲の求めに応じて、保険金請求手続きを行う。
  3. 乙が甲に対して損害賠償責任を負う場合であっても、その責任の範囲は甲に生じた通常損害及び直接損害に限り、損害の事由が生じた時点から遡って過去1ヶ月の期間に利用契約に基づき現実に受領した本サービスの手数料の総額を賠償額の上限とする。
第11条(放置物の取扱い)
  1. 甲が提供するスペースにユーザーの放置物(賃貸借契約の期間満了日から5日間が経過することを条件とする。)があった場合、乙は、放置物を引き取ることとする。
  2. 乙は、乙の任意のサービスとして、甲と協力し又は甲を代理して放置物についてユーザーに引き取らせるよう働きかけることがきる。
第12条(禁止事項及び業務遂行上の義務)
  1. 甲は、利用契約に基づく権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は、自己若しくは第三者のために担保に差し入れる等、一切の処分をしてはならないものとする。
  2. 甲は、ユーザーにスペースの場所等を認識させた上で、ユーザーにスペースを使用させなければならい。但し、やむを得ない事由がある場合はこの限りではない。
  3. 甲は、ユーザーとの賃貸借契約に基づき、ユーザーに対して遅滞なくスペースを提供しなければならない。
  4. 甲は、ユーザーに対して、ユーザーがスペースを利用する前に、乙が別途定める説明事項を乙の定める方法で説明しなければならない。
  5. 甲は、ユーザーに荷物のスペースへの運搬をさせるものとし、やむを得ない事由がない限り、甲がユーザーから荷物を預かり、これをスペースへ運搬することをしてはならない。
  6. 甲は、ユーザー以外の所有物、危険物、生物、腐敗、変質若しくは損傷しやすい荷物、荷造りの不完全な荷物、法令若しくは公序良俗に違反する荷物、荷物を置くことについて特別の負担を求められる荷物、スペースにサイズが合わない荷物、又はその他スペースに置くことが適さない荷物をスペースに置くことをユーザーに許してはならない。
  7. 甲は、ユーザーがスペースに置いた荷物を処分及び廃棄してはならない。
  8. 甲は、利用契約及び法令に違反するおそれのある行為を行ってはならない。
  9. 甲は、乙が不適切と判断する行為を行ってはならない。
第13条(保証の否認及び免責)
  1. 乙は、本サービスにつき如何なる保証も行うものではない。本サービスは現状有姿で提供されるものであり、乙は本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証をしない。
  2. 甲が乙から直接又は間接に、本サービス、乙ウェブサイト、本サービスの他の甲その他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、乙は甲に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではない。
  3. 甲は、本サービスを利用することが、甲に適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、乙は、甲による本サービスの利用が、甲に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではない。
  4. 本サービス又は乙ウェブサイトに関連して甲とユーザーその他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、甲の責任において処理及び解決するものとし、乙はかかる事項について一切責任を負わない。
  5. 乙は、乙による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、甲のサイトページ又は情報の削除又は消失、甲の登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して甲が被った損害につき、賠償する責任を一切負わない。
  6. 本サービスから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、乙は、本サービス以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
  7. 乙は、ユーザーの荷物に基づく甲の損害及びユーザーとのトラブルについては一切責任負わない。
  8. 乙は、本サービスに関連して甲が被った損害について、一切賠償の責任を負わない。
第14条(本サービスの停止等)
  1. 乙は、以下のいずれかに該当する場合には、甲に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができる。
    1. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    4. その他、乙が停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 乙は、乙の都合により、本サービスの提供を終了することができる。この場合、乙は甲に事前に通知するものとする。
  3. 乙は、本条に基づき乙が行った措置に基づき甲に生じた損害について一切の責任を負わない。
第15条(個人情報取扱規定)
  1. 甲は、ユーザー等の個人情報を、不正アクセス、漏洩、紛失、破壊、改竄等のリスクから保護するため、少なくとも以下の項目を含む合理的な安全対策を講じるとともに、個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号)及び同法律に関するガイドライン等を遵守しなければならない。
    1. 個人情報の安全管理に関する責任者・体制を明確にする。
    2. 個人情報を格納する可搬型情報機器又はバックアップ媒体の保管責任者を明確にし、適切な盗難防止対策(例:ハードディスク暗号化、キャビネットへの施錠保管等)を行う
    3. 個人情報を取扱う全ての従業員に対して、安全管理対策の教育を行い、遵守確認を行う。
    4. 個人情報データベースへのIDおよびパスワードによるアクセス権の管理を適正に行う。
    5. 個人情報を搭載したパソコン・媒体を廃棄処分する場合、乱数データ上書きによる完全消去又は物理的破砕を徹底する。
    6. モバイルパソコンや媒体に記録させて個人情報を社外へ持ち出す場合には、適切な漏洩・紛失防止対策を取る(例:パソコンにパワーオンパスワードを設定する、大量の個人情報は暗号化する、等)。
    7. 個人情報を取扱うシステムがコンピュータウイルスに感染しないよう、ウイルス対策ソフトの常駐、最新のセキュリティパッチの適用など、十分なウイルス対策を行う。
第16条(秘密保持)
  1. 甲及び乙は、利用契約に基づく取引を通じて知り得た相手方の技術上、営業上の情報(但し、情報を取得した時点で公知となっていた情報及び自己の帰責性なく公知となった情報を除く。)を機密として保持し、相手方の事前の書面による承諾を得ることなく第三者に開示又は漏洩してはならず、利用契約遂行の目的以外に使用してはならない。
  2. 前項の規定は利用契約の満了後もなお効力を有するものとする。
第17条(反社会的勢力の排除)
  1. 甲及び乙は、自己又はその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人又は媒介者(以下「関係者」という。)が、現在、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約しなければならない。
    1. 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対法」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)
    2. 暴力団員(暴対法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。)
    3. 暴力団準構成員
    4. 暴力団関係企業
    5. 総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団
    6. 前各号に定める者と密接な関わり(資金その他の便益提供行為を含むが、これらに限られない。)を有する者
    7. その他前各号に準じる者
  2. 甲及び乙は、自ら又はその関係者が、直接的又は間接的に、次の各号に該当する行為を行わないことを確約しなければならない。
    1. 要求行為暴力的な
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動(自己又はその関係者が前項に定める者である旨を伝える ことを含むが、これに限られない。)をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準じる行為
  3. 甲及び乙は、相手方が前二項に定める表明事項又は確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、何らの催告を要することなく利用契約を解除することができる。
  4. 甲及び乙は、前項の規定により利用契約を解除した場合、かかる解除によって相手方に生じた損害、損失及び費用を補償する責任を負わない。
第18条(誠実協議)
  1. 利用契約に定めのない事項及び利用契約の各条項について疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議し、解決を図るものとする。
第19条(合意管轄裁判所)
  1. 甲及び乙は、利用契約に基づいて又は関連して紛争が発生した場合、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。
第20条(本規約について)
  1. 乙は、甲に事前に通知なしに、本規約および本規約に付随する規約の全部または一部を任意に変更・追加・削除することができる。また、必要に応じて新たな規約等を追加でき、甲はそれについても遵守する義務を負う。
  2. 乙は、本規約の変更・追加・削除につき、本サイトへの掲示その他乙が妥当と判断する方法で、甲への通知を行うことができ、当該変更内容の通知後、甲が本サービスを利用した場合又は乙の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、甲は、本規約の変更に同意したものとみなす。
  3. 乙は、本規約の変更・追加によりユーザーが被った損害につき、乙に故意または重大な過失がある場合を除き、直接的・間接的に関わらず、一切の責任を負いません。
  4. 甲は、本規約の最新の内容を常に存知している義務を負うものとし、乙は、甲が本規約の最新の内容を存知しているとみなします。
  5. 前項の内容により、甲は乙に対し、本規約の最新の内容および本規約の変更・追加に対して異議等を申し立てることができません。
  6. 本サービス又はインターネット上で掲載する本サービス利用に関するルール等も、本規約の一部を構成するものとします。